【ぷにばーじん ZERO Lv.2】唯一無二の挿入感【レビュー】

2 min
【レビュー】ぷにばーじん ZERO Lv.2
あおば

あおば

FOLLOW

GPROJECT「PUNI VIRGIN[ぷにばーじん]ZERO Lv.2」をレビューします。

挿入感は「にゅるにゅるのとぅるんとぅるん」

ぷにばーじん ZERO Lv.2の挿入感は「にゅるにゅるのとぅるんとぅるん」です。

スライムのようなとろっとろの快感がペニスを包み込みます。

「にゅるにゅるのとぅるんとぅるん」といった挿入感は、他のオナホでは味わません。

ぷにばーじん ZERO Lv.2は、唯一無二の挿入感だと感じました。

内部のギミックが分かりづらい

ぷにばーじん ZERO Lv.2は、挿入口に大小さまざまな「イボ」があります。

しかし、イボ系オナホのような主張が激しいイボではありません。

本体が柔らかすぎて、イボがあるのかも分からないレベルです。

挿入口のイボは、ローションを漏れにくくするだけの存在といって良いでしょう。

メインギミックである「なめらかスティック」は、辛うじて存在を感じ取ることができました。

しかし、スティックそのものの存在感は薄く「にゅるにゅるした何か」といった感触です。

存在感の薄さが唯一無二の挿入感を実現しているため、一概に「存在感を高めろ」ともいえません。

「結果的に唯一無二の挿入感を生んだからヨシ!」ということにしておきます。

バキュームは苦手

ぷにばーじん ZERO Lv.2は、非貫通オナホの醍醐味でもあるバキュームが苦手です。

内径が大きいため、内部の空気を完全に抜くことができません。

バキュームを期待しているのであれば、ぷにばーじん ZERO Lv.2は避けたほうが良いでしょう。

もこもこしていて持ちづらい

ぷにばーじん ZERO Lv.2は、本体がもこもこしていて持ちづらいです。

もこもこが挿入感に良い影響を与えているわけでもありません。

本体のサイズが大きいため、余計にもこもこが邪魔だと感じました。

持ちづらさが気になるのであれば、腰振りで使うことをおすすめします。

油分は多め、臭いは控えめ

ぷにばーじん ZERO Lv.2の油分は、かなり多いです。

ベビーパウダーをまぶしても、次の日には貫通しています。

油分に関しては、諦めたほうが良いでしょう。

ぷにばーじん ZERO Lv.2の臭いは、鼻を近づけないと分かりません。

粘土のような臭いはするものの、自ら嗅ごうとしない限りは大丈夫です。

向こうから臭ってこないため、臭いは控えめといって良いでしょう。

コックリングは可もなく不可もなく

ぷにばーじん ZERO Lv.2には、おまけとしてシリコンのコックリングが付いています。

コックリング自体は、可もなく不可もなくといったところです。

小・中・大の3サイズがあるため、竿・玉袋・根本の3箇所に付けましょう。

コックリングが気に入ったのであれば、本格的なコックリングデビューをおすすめします。

チャック付き収納袋が便利

ぷにばーじん ZERO Lv.2には、GPROJECTオリジナルの「チャック付き収納袋」が付いています。

チャック付き収納袋は、油分のブロックと通気性の確保を両立した超便利アイテムです。

ジップロックやおもちゃ袋とは異なり、油分が染み出しません。

ジップロックやおもちゃ袋を使っているのであれば、ぜひチャック付き収納袋を試してみてください。

独特な挿入感を味わえるふわとろオナホ

ぷにばーじん ZERO Lv.2は、数あるふわとろオナホの中でも独特な挿入感を味わえます。

ボクがおすすめする使い方は「腰振りオナニー」です。

とろっとろの快感に浸って、射精するときに「あ゛~」と声が出てしまいました。

ぜひ、腰振りオナニーで「にゅるにゅるのとぅるんとぅるん」を試してみてください。

PUNI VIRGIN[ぷにばーじん]ZERO Lv.2
created by Rinker
G PROJECT
関連記事