【ローションウォーマー】スティックタイプを超える新たな選択肢【レビュー】

1 min
LOTION HEATING SYSTEM[ローションウォーマー]レビュー
あおば

あおば

FOLLOW

G PROJECT「LOTION HEATING SYSTEM[ローションウォーマー]」をレビューします。

LOTION HEATING SYSTEM[ローションウォーマー]
created by Rinker
G PROJECT

挿入タイプよりも扱いやすい

ローションウォーマーの最大のメリットは、汚れる心配がないところです。

挿入タイプのオナホウォーマーは、使用後にローションを拭き取る必要があります。

ボトル自体を温めるローションウォーマーは、使用後に汚れることはありません。

プレイ中に継ぎ足すときも、ローションは温かいままです。

対応しているボトルに限りがある

ローションウォーマーは、対応しているボトルに限界があります。

ローションウォーマーの内径は、約55mm。

内径が55mmのため、太いボトルは入りません。

市場に出回っているローションのボトルは、大半が56mm以上です。

ローションウォーマーを買う前は、手持ちのボトルの大きさを測りましょう。

温まるまでに時間がかかる

ローションウォーマーのデメリットは、温まるまでに時間がかかるところです。

専用のローション以外は、しっかりと温まるまでに120分ほどかかります。

速効性を重視するのであれば、専用のローションを買うしかありません。

専用のローション以外を温めるときは、時間に余裕を持たせましょう。

制限はあるものの良い選択肢

ローションウォーマーは、扱いやすさの観点で挿入タイプに勝ります。

しかし、即効性や汎用性の観点では挿入タイプに勝てません。

「挿入タイプを拭くのが面倒だ」と感じているのであれば、ローションウォーマーは良い選択肢です。

LOTION HEATING SYSTEM[ローションウォーマー]
created by Rinker
G PROJECT
関連記事