【渚いくの アフタードライ】珪藻土スティックはこれで決まり【レビュー】

2 min
渚いくの珪藻土スティック アフタードライ レビュー
あおば

あおば

FOLLOW

渚いくのプロジェクト「珪藻土スティック アフタードライ」をレビューします。

渚いくの珪藻土スティック アフタードライ
created by Rinker

珪藻土スティックはスリット構造に限る

渚いくの珪藻土スティック アフタードライの表面は、凸凹がある「スリット構造」です。

渚いくの珪藻土スティック アフタードライ 構造
出典:渚いくの公式サイト

珪藻土スティックにスリット構造を採用するメリットは、2つあります。

  1. 表面積が増え、吸水速度が上がる
  2. 外圧に強く、折れにくい

のっぺりとした珪藻土スティックの吸水性は、スリット構造の比べ物になりません。

珪藻土である以上、のっぺりでも吸水性は高いです。

しかし、吸水速度ではスリット構造に劣ります。

オナホには油分があるため、乾燥させるためにもみもみし続けたくないでしょう。

吸水速度に優れたスリット構造なら、もみもみする時間を短縮してくれるのです。

スリット構造の珪藻土スティックには、外圧に強く折れにくいという特徴もあります。

のっぺりした珪藻土スティックは、机の上に落としただけで折れてしまいました。

スリット構造を採用したアフタードライは、机の上に落としてもびくともしません。

珪藻土スティックは、吸水速度と耐衝撃性に優れたスリット構造に限ります。

長さも太さも申し分ない

渚いくの珪藻土スティック アフタードライは、長さも太さも申し分ないです。

渚いくの珪藻土スティック アフタードライ サイズ
出典:渚いくの公式サイト

長さは178mmもあり、ロングタイプのオナホでもしっかりと奥まで届きます。

太さは22mmと、乱暴に扱わない限り折れることはありません。

アフタードライは、ユーザーが求める長さと太さを満たした珪藻土スティックです。

乾燥に便利なスタンド付き

渚いくの珪藻土スティック アフタードライは、乾燥に便利なスタンド付きです。

渚いくの珪藻土スティック アフタードライ スタンド
出典:渚いくの公式サイト

オナホには油分があるため、乾燥中は机の上に置きたくありません。

オナホに挿れたスティックも、机の上に置くには抵抗があるでしょう。

スタンド付きのアフタードライなら、オナホとスティックを机の上に置かずに済みます。

アフタードライの台座直径は70mmと、肉厚なオナホを乗せるときも安心です。

スタンド自体も珪藻土でできているため、乾燥中の水漏れも心配ありません。

同じくスリット構造のRENDS「オナドライ」にはスタンドがなく、対応するスタンドもありませんでした。

オナドライより500円ほど高くても、スティック付きのアフタードライを買う価値はあります。

挿れたまま放置するとスティックが油分を吸うため、取り扱いには注意しましょう。

オナホウォーマーには非対応

渚いくの珪藻土スティック アフタードライは、オナホウォーマー非対応です。

スタンドの底が貫通していないため、オナホウォーマーのコードを逃がすことができません。

オナホウォーマーに対応したスタンドを探しているなら、SSI JAPANの珪藻土スティックをおすすめします。

珪藻土スティックはアフタードライで決まり

珪藻土スティックに迷っているなら「渚いくの珪藻土スティック アフタードライ」がおすすめです。

アフタードライの特徴は、2つあります。

  1. 吸水速度と耐衝撃性に優れたスリット構造
  2. 乾燥に便利な珪藻土スタンド付き

スタンド付きアフタードライは、RENDS「オナドライ」の欠点を克服した珪藻土スティックといえるでしょう。

長さ178mm、太さ22mmと、アフタードライは基本スペックも申し分ないです。

しかし、アフタードライのスタンドには、コードを逃がす穴がありません。

オナホウォーマーに対応したスタンドを探しているなら、SSI JAPANの珪藻土スティックをおすすめします。

オナホウォーマーを抜きにすると、アフタードライはこれ以上ない最高の選択肢です。

渚いくの珪藻土スティック アフタードライ
created by Rinker
関連記事